ネット、初心者、転売準備編 1-1 Amazon出品アカウント登録

マニュアル

ネット転売を始めるマニュアル

準備するにあたって何をすれば良いかをシェアをさせて頂きます。

まずは、国内転売準備編 1-1!!!

1-1は、Amazon出品者登録に関してです。

Amazon出品アカウント登録

Amazonを利用した事がある方は、利用する前に購入者用のアカウントを作成したと思います!

Amazonで商品を購入した事はあるけど、出品はした事ないなー。。。

それと同じ様にAmazonで出品するにはAmazonの出品者用アカウント登録が必要になります。

http://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/services-overview.html
上記リンクになります。



登録にあたって、店舗名や法人名若しくは個人名、月額料金を払うためクレジットカード情報などが必要になります。

また、電話番号の入力も必要で、入力後は本人確認の電話があります。


確認後にPINコードの入力をして、出品開始ボタンをクリックしたらアカウント登録が完了します!

これで、出品アカウントの登録が完了です!

少し脱線しますが、クレジットカードについてお伝えします。

クレジットカードですが、特に、仕入れ先のポイントやキャンペーンなどを

利用できる会社のクレジットカードが良いですね!

私は、ヤフオクからネット仕入れを行うので、Yahoo!JAPANカードにしております。

ヤフーカードとは - Yahoo!カード
最短2分でクレジットカード審査完了・年会費永年無料・Yahoo!ショッピングでお得・PayPay残高にチャージができるクレジットカード

以下にYahoo!JAPANカードのメリットをお伝え致します!

転売ビジネスにおけるYahoo!JAPANカードのメリット

ヤフオク落札商品補償

Yahoo!JAPANカードで落札代金を支払った商品のみに限定されますが、

自動で補償の対象になるので出品者とのトラブルが発生した際には助かるサービスだといえます。

ヤフオク出品 本人確認不要

Yahoo! JAPANカードを申し込んだYahoo! JAPAN IDを使ってヤフオク!を利用する場合、

出品時の本人確認が不要です。

Tポイントの付与

ヤフオクで商品を購入するたびに3%分のTポイントを付与してくれるので、

1ヶ月に数回は、Tポイントだけで商品を仕入れて販売する事があります。

0円仕入れの為、利益率が80%になるという現象が発生します。笑

残りの20%は、配送料や諸経費になります。

クレジットカードの重要性

コンサル生の中には、楽天から仕入れるので楽天カードを

Amazonから仕入れるので、Amazonカードをという方もいらっしゃいます。

ネット仕入れの場合は仕入れ額を増やす為に、クレジットカードはどんな会社であっても必須になります。

また、商品の仕入れ額把握や確定申告時にクレジットカードの明細があると数字管理がしやすいですね。

更に更に、クレジットカード利用者の殆どの方が理解していると思いますが、

支払いは翌月なのでそれまでに商品を仕入れて販売を行えば、軍資金が無くても始められますね!

多少、危険なのでオススメはしませんが。。。

ライフカード

軍資金が少ない方であってもクレジットカードを複数枚使用すれば、仕入れ額を増やす事が出来ます。

複数枚も使いたくないよー

という方にオススメなのは、ライフカード!!

何と利用限度額が200万円まで使用可能です。

私も、もう少しリストが増えてきたらこのカードを使用しようと思います。

ライフカードにおける転売ビジネス

もし、ライフカードを使用したら、200万円分の商品を仕入れて、

その商品を400万円分で販売をして諸経費が100万円程度で、

利益率が25%だと仮定したら毎月100万円の利益になります。

転売ビジネスは月利20〜30%で、利益率が非常に高いビジネスになります。

 

魅力的な利益率ね!

転売ビジネスで使用するライフカードの推奨リスト数

仕入れ額を増やす為、売れる商品リストを増やしておきましょう!

商品仕入れ額は商品リスト数に比例します。逆も然り。

200万円分の商品を仕入れる為に、必要な商品リスト数はどのくらいでしょうか?

簡単に計算してみましょう!

1つの商品を仕入れる金額が5000円だとしたら、200万円/0.5万円で4000リストが必要です!

推奨リスト数を確保する為の時間

1日に2時間のリサーチで、2個の商品を見つけた場合は、4000リスト/730個(2年間×365日)で、

5.4年間が必要になる計算です。

程遠い。。。5年も掛かるなんて。。。

商品リストの中には、2万円の商品を仕入れて4万円で販売する商品もあるので、

実際は2000〜3000リストで良いのかなと思います。

更に、リサーチの仕方がだんだん上手になると、

1時間で見つけられる商品数も増えていきます。2時間で4つの商品を見つけられる時もあります。

リサーチの極意は、個別コンサルにてお伝えさせて頂こう思います。

まとめ

少し上級編の話もしてしまいましたが、Amazonで出品をするには、出品者用アカウントが必要になります。

早速、出品アカウント登録に取り掛かろう!

次回、準備編 1-2に続きます。

さて、本日も商品リストを増やすリサーチを頑張りましょう!

勉強になったと思った方はクリックをお願いします!
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎


せどりランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました