国内転売、せどりにおけるヤフオクリサーチの手順と注意点

ネット完結転売

ヤフオクキーワードリサーチはいろいろなキーワードでリサーチすることで

自分の頭の中にはない商品を見付けることができます。

頭の中にない=知らない商品

普通の人がリサーチ知らない商品は利益が出る商品である事が多いです。

ただ、どんなキーワードでもいいわけではなくリサーチして出てきやすいキーワードと、

出てきにくいキーワードがあるんですよね。

今回は、ヤフオクのキーワードリサーチをご紹介します。

ヤフオクキーワードリサーチ

キーワードで自分の頭からは出てこない商品をリサーチする方法

リサーチ時の注意点 ・キーワードによって見つけ方が違う

⇒メーカー名、普通名詞、商品カテゴリなどを見付けるやり方が違う

利益がない商品の類似キーワードは意味がない

⇒例えば利益が出にくいVHSの中古などからビデオデッキなどをキーワードとして見てもあまり意味がないです。

メーカー名でのリサーチ

利益が出る商品を出しているメーカーが他に何を出しているかをリサーチする

商品カテゴリ名でのリサーチ

利益が出る商品と同じような商品をリサーチしてみる

キーワードの見つけ方

普通名詞

普通名詞とは、普通に使われているワード 例えば、「デュエット」「スター」「エアー」などのなんにでも使われる名刺。

普通名詞を使うと、頭の中になかった商品とかも見付けることができるのがメリットです。


見つけたキーワードリサーチ

「ビデオカメラ」とか「ワープロ」など商品固有のキーワードは その商品しか見つからないので使わない。


まとめ

ヤフオクリサーチにおいては、カテゴリーリサーチは見つけにくいのでキーワードリサーチを重要視しましょう!

普通名詞でリサーチをしましょう!

上記2つを守るだけで自分が全く知らない商品に辿り着ける可能性が高くなります更に利益が出やすいです。

それでは本日もガンガンリサーチしましょう!

人気ブログランキングはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました